October 19, 2013

漢方と、病気の完治の関係 (防風通聖散は痩せるのか?1)

西洋医学で使われている『くすり』を避けて、自然の力で病気や症状を治したい、という人は、かつてから、一定数の割合で、かならずいる。

たとえば、学校のクラス30人いたら、その中の2〜3人は、「私の子供には、風邪薬をのませないでください」という親がいる。

かくいう、私も、どちらかというと自然治癒力で、病(やまい)を治したい(治癒・寛解したい)と思っている。東洋医学では、ヤマイそのものが、一般的に使われている「病気」というとらえ方をしていないため、自然治癒力などといっても、宗教がかっている、と思われたり、ほとんどの場合、わたしの真意をくみ取ってくれることは少ない。たいへん残念である。

本来の、東洋的な考え方では、病(やまい)自体を、『悪』と捉えるのではなく、どんな状態であっても、私の身体の『過程(一維持的な状態)』だと考える。

だから、病気自体を悪いものだと捉えるのではなく、元から自然と治癒されていく私の身体にたいして、治癒の力をバックアップするものとして、くすり=漢方薬が、使われている。

どうしても、漢方薬の欠点として挙げられるのが、「即効性がない」という点と、「価格が高い」と言う点だ。

本来、人間の歴史の中で、長きにわたって、植物の薬効(効果・効き目)が探求されてきた。そのなかで、昨今、マクロビオティクスや、アーユルベーダなど、さまざまな、欧米の美に対して、意識的な女優やトップモデル・美容業界などで注目されているのは、改めて、かつての生活様式を取り戻したいという気持ちの表れかも知れない。

整形手術などの、無理な美への追究は、もう求められていないのかもしれない。かつて、バブルの世代が求めていた、美しさと現代の人々の求めている美しさでは、何か、質が違うのではないだろうか?

若干、脱線してしまったので、続きは、痩せると言われている、「防風通聖散」のことも含め、その2で、書いてみたいと思う。


September 17, 2013

漢方と、病気の完治の関係 (防風通聖散は痩せるのか?2)

前回は、脱線して、昨今の美意識の向かっている方向について、記してみた。

「防風通聖散」は、どこにいったという声が聞こえてきそうなので、さっそく、痩せると言われている漢方薬「防風通聖散 生漢煎」について書いてみたいと思う。


「防風通聖散 生漢煎」は、ザックリ言うと、『代謝を高める漢方薬』という一語に尽きる。


つまり、『やせる!』という宣伝文句の薬や医薬品は、数多いが、実際の所、

「食べていれば、やせない」


これが絶対的な真理である。


そんなことはわかってるよ!という声が聞こえそうなので、

『本当に「防風通聖散 生漢煎」でやせられるのか?』という結論から伝えたいと思う。

ズバリ、「医薬品だから、やせられる可能性が、他の薬と比べて高い!」

というのが結論だ。

薬には、「医薬品」「医薬部外品」「特定保健用食品」「栄養機能食品」などの医薬的な効能が期待できそうな、区分けがされていますが、「治療」を目的とした効果を記すことが、できるのは、「医薬品」のみです。


たとえば、「肥満症」で困っている方にたいして、『代謝を高める効果がある!』と言い切れるということなんですね。


はっきり言って、短絡的に、「なんにもしないで、痩せられるくすり」を、求めているのであれば、『防風通聖散 生漢煎』は、やめるべきです。

これ以上食べ過ぎない!ということが前提であれば、必ず代謝を高める効果は、期待できます。(厚生省が認めている商品だけが、「医薬品」として認められているので。)

『防風通聖散 生漢煎』を試してみたいならば、半額で購入出来るキャンペーンもあるので、ちょっとだけ得できるんですね。
September 15, 2014

美しく痩せたい人のための、漢方の摂取方法とは?

痩せる方法は、たくさんありますが、もっとも美しく(スタイル良く)痩せるためには、もうすでに、ヨガや、ピラティスなど、体幹を鍛えるような運動を始めている方も、多いのではないでしょうか?

『痩せる』ということを焦点に当てたときに、同時に『代謝を高める』ことが、重要になります。

なぜなら、同じ運動量でも、『代謝』が良いかどうかによって、減量の成果に、おおきな変化が現れるのです。

特に、昨今、科学の力で、「腸内フローラ」という大腸菌の活動や、働きが、『痩せやすさ』、『太りやすさ』にも、関係を及ぼしていることが分かってきています。

つまり、「痩せやすいかどうかは、腸内の細菌の種類が、影響を及ぼす!」ってことなんですね。

どおりで、痩せ体質の人は、子供の頃から痩せているし、「だいたい母親も、娘も同じ体型を、辿るよな」って思ってたのですが、「腸内フローラ」の影響だと、考えることもできそうです。

「体質って変わんないよね!」って、思っている人も多いと思いますが、今後、科学の力で、体質自体に提供を及ぼしている、体内物質として、「腸内フローラ」は、かなり、注目を浴びる(現在も、NHKなどで取り上げられて、注目されている)事だと思います。



かなり脱線しましたが、『美しく痩せたい人のための漢方の摂取方法』について。

多くの漢方薬で、『食間に服用してください』という指示が書かれていることがあると思います。

これは、間違えていることが多いのですが、(かくいう私も)

食事をしながら、飲むっていうことじゃないんです。

正しくは、『食事と食事の間に飲む』のが正解!
( 【食後2時間後】に飲むことが効果的です )

『食間』という場合、このタイミングというのは、東洋医学の伝統で、もっとも効果的な、服用の方法として、『食間』と指示されているため、これは、漢方で美しく痩せたい場合にも、守って服用すべきです。


また、注意点として、漢方の薬の中には、『激しい運動を控えるように』という条件が書かれている場合もあるので、現在の健康状態なども考慮した上で、服用すべきです。

⇒漢方と、病気の完治の関係 (防風通聖散は痩せるのか?2)




MARCH 1, 2015

『防風通聖散 生漢煎』は、どんな人が買っている?売れてるのはどんなひと?

調査会社の報告では、男女比は、半分ずつだそうですね。

20〜40代の、男女を中心に、「ナイシトール」(内臓脂肪をとる という短絡的なネーミングの小林製薬製品)などの、薬局で売っている商品ではなく、もっとしっかりした、医薬的な効果を求めているひとに、人気があるのが、『防風通聖散 生漢煎』なんですね。

結構、価格が高そう!って人が多いのですが、実際は、意外とそうでもなかったりして、(詳しくは下記リンク先に。)効果的だけど、リーズナブルな『医薬品』として、まずは、試してみようかな、という入り口から、試される場合が多いんですね。

「ナイシトール」他の、薬局に売っている、防風通聖散の薬は、パッケージもドギツクて、特に、女性は買わないんだろうな。。

「下っ腹」に効果があるということなんだけど、女性が求めているのは、もっと、スマートに痩せるっていう薬かなと。

スムージーとか、スーパーフルーツとか、チアシードとか、生酵素とか、自然の力を活かしながら、自分のカラダが美しくなるのでは?という幻想もあるのでしょうか。。

美味しい物を求めながら、痩せたいという気持ちは分かりますが、『防風通聖散 生漢煎』を飲まれているのは、おそらく、「食べながら痩せたい」という人よりも、すでに運動をしているけれど、「体質的に痩せにくいから、なにかプラスしたい」という人が多いのかもしれません。

もし、そうだとしたら、『防風通聖散 生漢煎』は、非常に効果が見込まれます。なぜなら、「代謝を高める」という効果が、『医薬品』として認められているから。

どうせ試すなら、「痩せそう」という印象だけよりも、効果が認められている商品というのは、心強いものです。

 

⇒漢方と、病気の完治の関係 (防風通聖散は痩せるのか?2)






MARCH 1, 2015

防風通聖散 生漢煎は、薬局や、ネットで購入出来る?売ってないんです。

結構、調べたんですけど、『防風通聖散 生漢煎』って、楽天、AMAZON、Yahooショッピングでは、売っていないということが、判明。

まず、一番上に、アマゾンとか、楽天、Yahooショッピングの広告枠が表示されるから、クリックしたんですけど、生漢煎は売っていないんだ。。

これって広告として、どうなの!?って、思いませんか?

他社商品の名前で、広告がでているわりに、その商品は、販売されていない。。

リアル店舗で言ったら、道ばたに、他社の商品名で店舗を構えて、入ってみると、別の漢方薬しか売っていなかった、ってことですよね。。

いいのかな?商標ってどこまで守られるんでしょうね。



検索すると、分かります。
(生漢煎は、販売されていない)

では、どこで売っているんだろうと思って調べたら、販売元は、「ainz&tulpe」のみで、ここは、アイン薬局を運営している会社なんですね。

どおりで。。

販売ルートが、通常の医薬品と違うんです。新聞広告でも、見かけたので、結構知っている人はいるはずですが、いざ近所で買おうとしても売っていない。

しかも、ここで紹介されていた防風通聖散 生漢煎の購入方法だと、安くなるんですね。

⇒漢方と、病気の完治の関係 (防風通聖散は痩せるのか?2)